歯周病になると知覚過敏になりやすくなる理由とは?

知覚過敏治療読本 - 知覚過敏の症状・治療法と予防法
トップへ戻る

当院はインプラントセーフティーマーク(一定の安全の基準を満たした歯科医院のみ取得できるマーク)を取得した歯科医院です。インプラントを広島でするなら当院へお気軽にご相談下さい。

【知覚過敏と歯周病の関係】

知覚過敏と歯周病は密接な関係があります

食習慣や生活習慣の変化の影響もあり、歯周病や知覚過敏は増えてきています。この両者は別々のものですが、たがいに関係もし合っています。歯周病になると知覚過敏になりやすく、知覚過敏になると歯周病になりやすくなるのです。ですから、知覚過敏かな? 歯周病かな? と感じたら早めに歯科医にご相談ください。

歯周病になると知覚過敏になりやすいわけは?

歯周病になると歯ぐきが後退しやすくなります。知覚過敏のほとんどは、エナメル質が薄い歯の根元部分で起こりますので、歯周病で歯ぐきが下がると象牙質が露出しやすくなり、症状がでやすくなるのです。歯肉が後退するのは、歯周病がかなり進行している場合が多いので、早急に歯科にご相談ください。最悪の場合には、歯を失うことになりますので注意が必要です。

知覚過敏になると歯周病になりやすくなるわけは?

知覚過敏になると、冷たいものを口に含んだり、歯ブラシをあてたりするだけでも痛みを感じます。そのためどうしてもブラッシングを怠りがちになるものです。冷たい水で口をゆすぐとしみますし、歯ブラシでごしごしすれば痛みを感じます。歯をきちんと磨けなくなるため、プラーク(歯垢)を十分に落とせません。

歯周ポケットにたまったプラークが作り出す酸は、歯のエナメル質を溶かし歯と歯ぐきを侵していきます。こうして歯周病が進行するのです。歯周病も知覚過敏も、ブラッシングをすると歯ぐきから出血して痛みます。すると、ますます歯磨きできなくなるため、さらに知覚過敏になりやすく歯周病も悪化させてしまいます。こうして悪循環を繰り返してしまうのです。

どちらも予防には正しいブラッシングが大切です

歯周病も知覚過敏も予防には、正しいブラッシングが大切です。硬すぎない歯ブラシを使い、力を入れ過ぎずていねいに小刻みに磨きましょう。

知覚過敏と歯周病の間には相互に関係があります。知覚過敏になれば歯周病になりやすく、歯周病になれば知覚過敏になりやすくなります。正しいブラッシングで予防することが大切ですが、自己流でするのではなく歯科医で指導を受けるのがベストです。

歯周疾患ははやく治療をすれば簡単に治すことができます。放置すればするほど治すのが難しく、時間と費用がかかってしまいます。少しでも違和感を覚えたら、早期に当院にご相談ください。例え自覚症状がなくても定期的に検診を受けておくと安心です。

  • 知覚過敏治療読本トップへ
  • 知覚過敏の症状
  • 知覚過敏の原因
  • 知覚過敏の治し方・治療
  • 歯磨き粉と歯磨きで予防
  • 知覚過敏と歯周病の関係
  • 知覚過敏と虫歯の違い
  • 悪い歯並びと知覚過敏
  • 矯正中の知覚過敏
  • 酸蝕歯