知覚過敏治療読本 - 知覚過敏の症状・治療法と予防法

知覚過敏治療読本 - 知覚過敏の症状・治療法と予防法
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは歯を失った人の為に本来の噛み心地を戻せるインプラント治療が可能な歯科です。広島でインプラント治療の一定の安全・安心基準をクリアしたセーフティーマーク取得の数少ない歯科医院です。

歯にしみる嫌な知覚過敏の治療法と予防方法

歯にしみる嫌な知覚過敏の症状と治療法

頬をおさえ、痛みを我慢する女性

知覚過敏は虫歯が見あたらないのに、冷たいものがしみる、歯ブラシをあてると痛むなどの症状が特徴です。冷たいアイスクリームやかき氷、酸っぱいミカンなどを食べたときに、ズキンとしみるという方は、可能性が高いと言えます。

誰でもなる得る病気ですので心配なものではありませんが、虫歯や歯周病と症状が似ているため区別がつきにくく、また、併発していることもしばしばあります。素人では、知覚過敏か歯周病かの判断は難しいので、「歯がしみる」「痛い」と感じたら自分で判断せず、歯医者に行きましょう。

知覚過敏の症状と原因

知覚過敏の症状の特徴は「キーン」という痛みにあります。長く続くものではなく一過性で、冷たいものをかんだり飲んだりしたとき、歯ブラシなどをあてたときなど、外部刺激によっておこります。何もしていないのにズキズキ痛んだり、一過性でなく長く痛みがつづくようなら、虫歯や歯周病など他の病気が原因である可能性が高いです。また、虫歯や歯周病が原因となって歯周病になることもあります。

正式には「象牙質知覚過敏」(ぞうげしつちかくかびん)と呼ばれ、歯の頭の部分のエナメル質の内側にある「象牙質」が外に露出することで、刺激に過敏になって起こります。歯の表面を覆うエナメル質は、根元に近い部分ほど薄くなっています。

膜の薄い根元部分のエナメル質が何らかの原因ではがれたり痛んだりすると象牙質が露出し、そこにあいている無数の小さな穴から刺激が神経に直接伝わります。この時に「ズキン」と痛むのです。

知覚過敏は歯科で治せます

歯ブラシ

知覚過敏はエナメル質の薄くなった箇所をカバーすることで治すことができます。軽度のものなら薬を数回塗れば改善しますし、重症の場合には象牙質の露出している箇所をレジンというプラスチックのようなもので覆います。口腔内には「再石灰化」という作用があり、薄くなったエナメル質を自然に補修してくれます。薬やレジンで痛みを抑えている間に歯が修復されれば、過敏症状はなくなります。

初期のものなら、知覚過敏用の歯磨き粉をつかってブラッシングするだけでも治すことができます。また、ブラッシングが原因で知覚過敏になるケースが多いので、正しい歯磨きをマスターすれば予防することが可能です。

冷たいものがしみたり、痛みでブラッシングがしにくいと感じたら知覚過敏の疑いがあります。歯周病や虫歯の可能性もありますので、素人判断はよくありません。違和感を覚えたら、歯科医に相談しましょう。

知覚過敏緩和に役に立つ6つ知識

  • 知覚過敏の症状の特徴は?

    頬を気にする女性

    歯磨きの時に歯にしみる知覚過敏は実際にはどのようなメカニズムで起こっているのか?症状緩和の為にも原因を理解して治療しましょう。

  • 知覚過敏のあらゆる原因

    歯

    知覚過敏が起こる時の原因。セメント質が削れたり、歯周病や歯肉が関係していることも?当てはまる症状がないか確認してみてください。

  • 知覚過敏になったら治療方法は?

    ガードする歯

    通常の虫歯や歯周病とは違う知覚過敏の治療方法はどのような治療法でしょうか?薬の塗布からレーザーなど知覚過敏の治療法の一覧。

  • 知覚過敏に良い歯磨きと歯磨き粉

    歯ブラシと歯磨き粉

    知覚過敏を予防するためにも日々のケア方法を見直してみては?正しい歯磨きの大切さと歯磨き粉の選び方について。

  • 歯周病と知覚過敏の密接な関係

    女性の口元

    知覚過敏を軽くみてはいけません。実を言うと歯を失う原因の半数以上を占める歯周病との密接な関係があります。知覚過敏と歯周病の関係を解説。

  • 知覚過敏と虫歯の違いは?

    歯と虫歯菌

    虫歯と知覚過敏の症状は似ています。症状が似ていることから判断が中々つきません。虫歯との違いについて学びましょう。

  • 知覚過敏治療読本トップへ
  • 知覚過敏の症状
  • 知覚過敏の原因
  • 知覚過敏の治し方・治療
  • 歯磨き粉と歯磨きで予防
  • 知覚過敏と歯周病の関係
  • 知覚過敏と虫歯の違い
  • 悪い歯並びと知覚過敏
  • 矯正中の知覚過敏
  • 酸蝕歯